400244_m.jpg

​事業内容

Our Business

アウトソーシング(業務請負)

人を育てるには時間が必要です。しかし、変化の激しい現代において、じっくり人を育てている余裕がなくなっています。

社員を育てるには、それ相当の時間とコストがかかる一方で、変化は待ったなしです。

企業にとってコアになる技術や業務に関わる人材は育てる必要があるでしょう。

しかし、業務として標準化でき、システム処理ができる業務は、

所有せずにアウトソーシングで乗り切り、スピーディーに変化対応すべきです。

アウトソーシングをすることで、企業の本業により付加価値を高めて競合他社との差別化を図ることができますし、さらなるコスト削減も期待できます。

また、若年労働人口の減少による人手不足を補うためにも、アウトソーシングが必要とされてきています。

■なぜアウトソーシングするのか?

​請負のメリット

企業競争力の強化

人を育てるには時間が必要です。しかし、変化の激しい現代に

おいて、じっくり人を育てている余裕がなくなっています。

社員を育てるには、それ相当の時間とコストがかかる一方で、

変化は待ったなしです。

企業にとってコアになる技術や業務に関わる人材は育てる必要

があるでしょう。

しかし、業務として標準化でき、システム処理ができる業務は、

所有せずにアウトソーシングで乗り切り、スピーディーに変化

対応すべきです。

アウトソーシングをすることで、企業の本業により付加価値を

高めて競合他社との差別化を図ることができますし、さらなる

コスト削減も期待できます。また、若年労働人口の減少による

人手不足を補うためにも、

アウトソーシングが必要とされてきています。

千葉スライドマッチングメール右上.jpg
つのメリット
   1
仕事の効率化・
スピード・
品質のアップ
   2
肥大化した組織をスリム化することができる
     3
アウトソーシング(BPO)
   4 
人件費削減

委託と請負の違い

​メリット1

仕事の効率化・

スピード・品質のアップ

経験を積んだ専門家は、仕事の効率、スピード、品質が優れているのです。

専門化したアウトソーサーは、その分野のプロといってもさしつかえないでしょう。

専門化した人材の仕事は、素人よりも効率的です。社員数人で行うところを、アウトソーサー側は一人で処理できることもしばしばです。

​メリット2

肥大化した組織をスリム化することができる

アウトソーシングは企業再構築の武器にもなります。

自社の人材をアウトソーシング会社に移すことで、組織をスリム化するのです。

人員を最適化することで、コスト削減が実現できる機会を得ます。

​メリット3

人件費削減

人件費を抑えることができるというメリットがあります。

社内で部門を設置して固定した人件費で賄うよりも、アウトソーシングして変動費としたほうが、限られた経営資源を有効活用することができます。

​メリット4

アウトソーシング(BPO)

業務の一部をアウトソーシーングするのではなく、在庫管理部門全てをアウトソーシングします。

また、在庫部門全てをアウトソーシングします。

​委 託
​請 負
任せた業務を受注者が行う
ある仕事の完成を依頼し、その完成品の対価として
報酬を支払う​
よって、作業指示・指導・教育は雇用主(請負元)が行い、
企業からの指示命令は発生しない
例えば...。
請負は仕上がり具合が問われるのに対し、
​委託は完成させることが責任のため完成度は問われない
指示命令が生じない
​スタッフ​
​  顧 客
(発注元)
雇用契約
労務管理指揮命令
請負契約
​雇用事業主​